お知らせ

お知らせ

2017.02.08
スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017要項公開

標記大会の要項が公開されました。
大会サイトよりご確認ください。
 


大会要項

大会名称 スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017
主  催 公益社団法人日本山岳協会(JMA)
後  援
  公益財団法人日本体育協会(申請中)
  公益財団法人日本オリンピック委員会(申請中)
  加須市
主  管 埼玉県山岳連盟
協  賛
  KDDI株式会社
  三井不動産株式会社
  オリエンタルバイオ株式会社
  牛乳石鹸共進社株式会社
  キョーリン製薬ホールディングス株式会社
  株式会社八海山
期  日 2017年3月4日(土)~3月5日(日)(スケジュール)
会  場 加須市民体育館(アクセス)
公式サイト www.jma-sangaku.or.jp/
大会サイト www.jma-climbing.org/
オフィシャルマーケティングパートナー 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

参加申込
参加資格 
 2001年以前に生まれ、(公社)日本山岳協会に2016年度(平成28年度)の選手登録をしている選手。
 参加の目安となる最低グレードは、は男子OS5.12a、RP5.12c、女子OS5.11c、RP5.12aとしますが、予選は男子が13a以上、女子が12c以上のルートを予定しています。
 優先的に出場が可能な日本山岳協会推薦選手の基準は以下の通りとし、ボルダリング日本代表選手、IFSCクライミング・ワールドカップ(B)八王子2017開催国特別枠該当選手のリストはこちらを参照してください
  • 日本代表による優先
  • 申込開始時におけるリードとボルダリングの日本代表選手(S、A、B、IFSC枠保持者含む)
  • リード、ボルダリングにかかわらず優先とする
  • IFSCクライミング・ワールドカップ(B)八王子2017開催国特別枠における優先
  • IFSCクライミング・ワールドカップ(B)八王子2017の開催国特別枠参加選手に選出された選手は優先とする
  • 前年の当該種目代表選考大会における成績による優先
  • 準決勝進出以上の選手
  • 2016クライミング日本選手権
  • 第30回リード・ジャパンカップ
  • 前年のユース国際大会における成績による優先
  • 各年齢カテゴリーで3位以内
  • IFSC 世界ユース選手権 広州 2016
  • IFSC クライミング・アジアユース選手権 テヘラン 2016
  • 前年のユース代表選考大会における成績による優先
  • 各年齢カテゴリーで3位以内
  • 全日本クライミングユース選手権リード競技大会2016
  • 第19回JOCジュニアオリンピックカップ大会
  • 全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会 2016
  選手登録は、選手登録のぺージからお願いします。
定  員 男子120名、女子90名
参 加 費   9,000円
2016年度選手登録がない選手は登録費2,000円(平成28年4月1日現在18歳以下1,000円)が別途必要です
支払方法 郵便振替、クレジットカード決済
申込方法 大会サイトよりお申し込みください
  大会サイトから申し込に願います。
申込期間 日本山岳協会推薦選手:2017年2月9日(木)? 2月12日(日)
    それ以外の選手:2017年2月13日(月)? 2月17日(金)
   日本山岳協会推薦選手のリストはこちらをご覧ください
   申込期間外の申込は無効となりますので、ご注意ください
支払期間 2017年2月9日(木)? 2月20日(月)
   連絡なく期日までに選手登録および参加費の決済が確認できない場合は参加を取り消します

大会役員
大会会長 八木原圀明
競技委員長 小日向徹
実行委員長 村岡正己
副実行委員長 天野賢一、藤枝隆介
審判長 佐藤豊
主任審判 高橋伸次郎
リザルト 山本和幸
チーフルートセッター Simon Margon(SLO)
ルートセッター    岡野寛、平松幸佑、松島暁人、Gregor Vezonik(SLO)

注意事項
肖像権
 本大会出場選手の大会期間中の肖像権肖像権、全ての権限は大会主催者にあるものとします
ドーピング検査
  ・本競技会は、日本アンチ・ドーピング規程に基づくドーピング・コントロール対象大会です
  ・本競技会参加者は、競技会にエントリーした時点で日本アンチ・ドーピング規程にしたがい、ドーピング・コントロール手続の対象となることに同意したものとみなします
  ・20歳未満の本競技会参加者については、ドーピング検査を含むドーピング・コントロール手続に対する親権者からの同意書を所属競技団体(公益社団法人日本山岳協会)へ別途提出している方のみエントリーできます
  ・本競技会参加者は、本競技会において行われるドーピング検査(尿・血液等検体の種類を問わず)を拒否又は回避した場合、検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続を完了することができなかった場合等は、アンチ・ドーピング規則違反となる可能性があります。アンチ・ドーピング規則違反と判断された場合には、日本アンチ・ドーピング規程に基づき制裁等を受けることになるので留意してください
  ・競技会・競技会外検査問わず、血液検査の対象となった競技者は、採血のため、競技終了後2時間の安静が必要となるので留意してください
  ・日本アンチ・ドーピング規程の詳細内容およびドーピング検査については、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構のウェブサイトにて確認してください
取材申請
   本大会の取材を希望される方は、公式サイト内のスポーツクライミング日本選手権取材申請についてをご覧いただき、申請書のご提出をお願い致します。
保  険
   出場者の傷害保険は主催者側で付保しますが、競技中の事故に起因する傷害以外の疾病に対しては責任を負いませんのでご了承ください
盗難など
 盗難・紛失及び駐車場などでの事故に関して、大会主催者は一切の責任を負いませんのでご了承ください
返  金
お支払いただいた参加費はいかなる場合にも返金されません
諸注意
観戦エリアからの写真撮影ではフラッシュ、望遠レンズ(135mm超える)、三脚、一脚のご使用をご遠慮願います

Content menu

JMA
山岳
スポーツクライミング
山岳保険