お知らせ

お知らせ

2017.03.31
知床世界遺産からの呼びかけ

北海道(環境生活部環境局生物多様性保全課)からのお知らせ
知床半島の最高峰「羅臼岳」は、多様な植生や多くの野生生物が生息するなど、原生的で優れた自然を体験できる地域として、年間約1万人の登山客が訪れています。一方、登山道や野営地周辺では、ティッシュペーパーの散乱などトイレ跡による景観の悪化やし尿による悪臭などが問題となっています。このため、知床ならではの良好な登山環境を維持・向上させるため、平成20年度から、斜里町、羅臼町、環境省、林野庁及び北海道の連携・協力のもと、登山客の皆様に、携帯トイレ使用の呼びかけを行っています。


画像をクリックするとPDF版パンフレットをご覧いただけます。

Content menu

JMSCA
山岳
スポーツクライミング
山岳保険