お知らせ

お知らせ

2018.03.20
山梨県登山の安全の確保に関する条例

山梨県登山の安全の確保に関する条例
この条例は、平成30年10月から、山梨県内の一部の山域に登山する者は、登山計画書をあらかじめ県に提出するよう努める必要があります。また、平成31年秋から、山梨県内の一部の山域に登山する者は、登山計画書をあらかじめ県に提出する必要がるというものです。

平成30年10月までに提出が努力義務化される予定山域
◆富士山
◆南アルプス
※詳細なエリア設定については、後日、山梨県ホームページ等で公表予定

平成31年秋までに提出が義務化される予定山域(12月~3月の厳冬期)
◆富士山(八合目以上)
◆南アルプス
◆八ヶ岳富土の国やま怠し
※詳細なエリア設定については、後日、山梨県ホームページ等で公表予定


画像をクリックすると条例パンフレットのPDF版がご覧いただけます。
 



このサイトの関連ページ 

Content menu

JMSCA
山岳
スポーツクライミング
山岳保険