スポーツクライミング指導者養成講習会

スポーツクライミング指導者養成講習会

このページのダウンロード書類については以下から入手願います。



平成29年度公益財団法人日本体育協会公認
スポーツクライミング「上級指導員」養成講習会専門科目開催要項

 
1. 目的:
 都道府県レベルにおいて、年齢・技術レベルに応じた実技指導にあたると共にクライミング教室・競技会など企画・立案・運営に参画できる実行能力を有する指導者を養成する。
 
2. 主催:
  公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会

3. 主管:
  宮城県山岳連盟
 
4. 期日:
  平成29年11月4日(土)~平成29年11月5日(日)
  平成29年11月18日(土)
5. 会場:
  宮城県第二総合運動場仙台市太白区根岸15-1
 
6. 受講条件:
 受講を開始する年の4月1日現在、満25歳以上で、下記事項に該当する者。
  (1) 地域においてスポーツ活動を実施しているスポーツクラブ等において年齢、競技レベルに応じた
    指導にあたるとともに、事業計画の立案などクラブ内指導者の中心的な役割を担っている者。
    またはこれから中心的な役割を担う者。
  (2) スポーツクライミングの指導実績が3年以上あること
  (3) グレード5.11a以上をリードできると判断されたもの
  (4) 自然壁においても実績を有し、指導員を指導できると判断されたもの
  (5)岳連(協会)に所属し、同岳連(協会)が認めるもの
 
7. 受講者数:
 受講者は20名程度とする。
 
8. 専門科目カリキュラム
 専門科目時間数:20時間以上(集合講習及び通信講座等)
   ※ 講習及び試験などの免除措置については、別に定める基準による。
 
9. 検定試験・審査
  専門科目における検定は、技能検定を主体に筆記試験等を加えた総合判定とし、公益社団法人日本山岳・
 スポーツクライミング協会指導委員会において審査する。
   ※免除措置適応者における検定審査については、別に定める。
 
10. 取得資格
  平成29年に専門科目の検定に合格した者は平成30年度に共通科目を受講し検定に合格し、指導者登録
 (登録申請書の提出及び登録料の納入)を完了した者に、日本体育協会公認上級指導員「認定証」及び
 「登録証」を交付する(平成31年度)。※すでに共通科目Ⅱに合格している者は平成30年度
 
11.受講申込み
 (1) 受講申込みは各都道府県山岳連盟(協会)を通じて公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング
    協会へ行う。
 (2) 受講希望者は、所定の受講申込書に必要事項を記入し、免除該当者は所定の必要書類を添付し、
    9月29日(金)までに本紙を郵送にて提出する。
 (3)所定の受講申込書およびクライミング履歴書は最後のページに添付します。
 
12.受講料:
   30,000円
 (上記金額を基準とし、競技特性、講習会等の事情により変更される場合がある)
  宿泊希望の方は総合運動場内750円(素泊り)
 
13.受講者の決定
 提出された申込書などの関係書類に不備がない者を受講者として内定し、公益社団法人日本山岳・
 スポーツクライミンング協会より本人に受講案内として通知する。
  ※受講内定後、受講料の支払いを完了したものを受講者として決定する。
 
14.問合せ先:
 公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会指導委員会
   〒150-8050東京都渋谷区神南1-1-1岸記念体育会館4階
   TEL03-3481-2396  FAX03-3481-2395
                                      以上

Content menu

スポーツクライミング
JMSCA
山岳
山岳保険