山岳事故調査報告

山岳事故調査報告

17回16回15回14回13回~1回



山岳遭難事故調査報告
 
日山協山岳共済会の協力を得て収集した事故アンケート情報を加え、日本山岳SARレスキュー研究機構(日本山岳・スポーツクライミング協会、日本勤労者山岳連盟、jRO、国内外安全登山研究者などで構成)と協力して、年に一度事故調査報告書にまとめています。この事故調査報告は何れも青山千彰名誉教授の手によるもので、毎年開催の公社)日本山岳・スポーツクライミング協会の遭難対策委員総会を通して発表されたものです。 

見出しの画像をクリックにてPDF版書類にて報告内容を閲覧できます。
2020年6月29日発表
(目次)
 ・新型コロナウイルス感染症による登山活動への影響
 ・複雑系事故要因の可視化と、減遭難への
           取り組み方について
 ・山岳三団体の組織情報と事故調査
 ・レジャー白書から見た登山活動状況
 ・2019年警察庁の事故データ
 ・山岳遭難事故データベースからの解析
         新規登録251人の特徴
   山梨県で発生する深刻な事故情報
   3968人事故データの概観  
   減遭難を目指した2つの事故要因群からの選択 
 
2019-06-29発表
(目次)
 ・山岳遭難事故と登山教育
 ・山岳三団体における事故経年変化
 ・2018年警察庁事故データ
   高齢登山の問題
 ・2017年警察庁事故データの解析
 
2018-06-24発表
(目次)
  ・登山風土と山岳事故リスク
  ・山岳三団体における事故経年変化
  ・レジャー白書から見た登山者動態の推定
  ・2017年警察庁事故データ
  ・山岳事故データベースからの解析

 
 2017-06-24発表
 (目次)
  ・高校登山講習会事故について
  ・山岳三団体における事故経年変化
  ・登山者人口の経年変化
  ・2016年警察庁事故データ
  ・山岳事故データベースからの解析
  
 

Content menu

山岳
JMSCA
スポーツクライミング
山岳保険